AKB48、切手になって大喜び

人気グループ・AKB48の高橋みなみ、峯岸みなみ、渡辺麻友が7日、都内で行われた『AKB48チーム別フレーム切手セット』の記者発表会に出席した。今回、チームA、K、Bの3種類でAKB48が初めて切手になり、チームA代表の高橋は「まさか自分たちが切手になるとは思わなかった。とても光栄です。チームごとの“切手総選挙”ですよね」と大喜び。切手は“舐めて”貼ることもあり、チームKの峯岸は「握手会でそういう行為は禁止されてるので、切手だけでも舐めてもらえれば」とサービストークで笑わせた。

【写真】気になる中身もお披露目

 『AKB48チーム別フレーム切手セット』は「チームAバージョン」、「チームKバージョン」、「チームBバージョン」の3種類で、各16名のメンバー全員がフレーム切手に。特製プレミアムホルダー、ポストカード、レターセット、通帳ケースがセットになり、8日(火)より申し込み受付を開始する。

 峯岸は「きっと一生で切手になれる人の方が少ない。感動です。おばあちゃんや家族をはじめ、いろんな世代の人に自慢できる」と興奮した様子で語り、高橋も「切手って、歴史上の人がなるものですよね? そこに食い込めたかな」と自信。渡辺自身も「今年の夏に発売された『ベルサイユの薔薇』の切手を発売日に買いに行きました。大好きなので大事にコレクションしています」と明かし、「AKB48の切手を通して、手紙という大切な文化をこれから伝えていきたいです」と意気込んでいた。

 フレーム切手は秋葉原AKB48劇場で展示している「壁写」を採用し、チーム別メンバーの集合写真、ライブ写真を使用。また抽選で480名にメンバーの直筆サイン入りポストカードが当たるプレゼントキャンペーンを展開。さらに、5名に全48メンバーのサイン入りポストカードが当たるウルトラプレミアムチャンスキャンペーンも行われる。

  

X JAPAN 洪水もタイ公演決行

ロックバンド、X JAPANが8日夜、タイ・バンコク郊外のインパクトアリーナで初のアジアツアーを打ち上げた。同国を襲う大洪水の影響で渡航自粛が相次ぐ中、公演を決行した。

【写真で見る】熱烈な歓迎!空港で現地ファンにもみくちゃに

 約1万1000人の大歓声で沸き返る終盤、リーダーのYOSHIKIが同国の民族衣装、チュッタイ姿で登場し「ポム・ラック・クン!!(愛してる)」とシャウト。さらに国民的民謡「満月」をピアノ演奏すると、会場は大合唱で沸いた。

 訪タイした7日には空港に約300人以上が殺到し、それぞれ数台のパトカーに誘導されながらホテルへ向かうなど国をあげて大歓迎ムード。

 7日夜に市内のホテルで開いた会見で、YOSHIKIは大洪水でライブ開催が危ぶまれたことに「X JAPANも多くの困難があったけれどファンのおかげで乗り越えてきた。3月の東日本大震災で世界中が支援してくれて、タイも含まれている。だから僕らはここに来ました」と説明し、「僕らは愛や希望を広げて社会を支援していきたい」と誓った。

 また、YOSHIKIが義援金50万バーツ(約127万円)とチャリティーオークション用に、自身の直筆サイン入りのドラムスキン(ドラムの打面部)をテレビ局に贈呈。他のメンバーも公演衣装など愛用品をオークションにかけ、落札金を寄付することを発表した。

  

アヴリル 暴漢に襲われ顔けが

アヴリル・ラヴィーンが週末(11月5日深夜)、デートの最中、酔っ払いの集団に襲われた。アヴリルは顔に怪我を負ったという。

当初、争いをスタートした/加わったなどといわれたアヴリルだが、それは間違いだったようだ。彼女は月曜日(11月7日)、Twitterに以下のようなメッセージを掲載した。「わたしはファイトなんかしない。そんなもの信じてないから。はっきりさせておくと、昨日の夜、突然、5人組みに襲われたの。クールじゃないわ。わたしの顔、めちゃくちゃよ」「目の周りにあざができて鼻は血だらけ、髪の毛はむしり取られて、ひっかき傷にあざ、切り傷。そう、ほかの人を傷つけるのはよくないことなのよ。暴力は絶対、答えにならない」

アヴリルはこの夜、交際中のアメリカ人のタレント、サム・ブロディ・ジェンナーとハリウッドにあるホテルのバーで飲んでいて、酔っ払いの集団にからまれたらしい。ブロディもビール瓶で殴られ顔に怪我を負ったといわれている。警察は現在のところ、コメントを控えている。

Ako Suzuki, London

  

おりん復活 民放の時代劇存続

女優・青山倫子が2006年に初主演した時代劇シリーズ『逃亡者 おりん』(テレビ東京系)が、来年1月に約5年ぶりに連ドラとして帰ってくることが7日、わかった。殺し屋として育てられたおりんの新たな逃亡劇を描く同作は、国民的番組『水戸黄門』(TBS系)が年内で放送終了することもあり、来年の民放で唯一の時代劇となる。青山は「時代劇は本当になくしてはいけないと思っています。ワンカットワンカットを大事に演じていきたい」と使命感を燃やす。

【写真】今作から新加入する、渡辺大との2ショット

 2006年10月から連ドラとして半年間、2008年9月にはスペシャル版も2回放送され、クールでストイックなヒロイン像が注目を集めた時代劇が、来年満を持して復活。闇の組織から逃れ、旅の途中で出会った人々との触れ合いを通して、人の心を取り戻していくおりんが、敵との終止符を打つ2時間スペシャルドラマ『逃亡者おりん 最終章』と、深夜ドラマ『逃亡者おりん2』の2本立てで展開される。

 当時、時代劇初挑戦にも関わらず、クールな表情でおりんを演じきった青山は「パート2では人間の心を取り戻して、ある人のために旅に出るところから物語が始まるので、『生きる』ということのとらえ方が変わってきていると思います。人間くさい感情を出したり、ほのかなロマンスがあったり、これまでとは違う新たなおりんをお見せできると思います」と新たなアプローチに気合十分。

 制作を手掛けるのは、42年の歴史に幕を下ろす『水戸黄門』など、数々の名作を生み出したC.A.Lと京都の東映太秦映像のスタッフ。民放から時代劇か消えかけている昨今に青山は「日本人の古き良き心、今私たちが生きているルーツが時代劇にはしっかりあります。今の時代でも無くしてはいけない、礼儀正しさや人と人との絆の大切さも時代劇には描かれているので、もっと増えてほしいと思います」と願いを込めた。

 また、連ドラで謎の青年武士・望月誠之助役で新たなメンバーとして加わる俳優・渡辺大は「この作品は救いのないような部分が多くて、でも生きていくという意味では、誠之助という役が希望を持ちながら生きていくおりんの手助けが出来たらなと思います」と張り切っている。

 2時間スペシャルドラマ『逃亡者おりん 最終章』(来年1月放送)では、宅麻伸、六平直政、山田純大、左とん平、あおい輝彦、榎木孝明らも出演。香西かおりが主題歌「糸車、からり」を手掛ける連続ドラマ『逃亡者 おりん2』は深夜枠で放送(全11回)。